1:名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 18:50:20.32 ID:LZSY7jKs.net
年内からちょこちょこ書き溜めてたら超大作になったwww

こういうスレ立ては初めてですが、書き溜めたの投下してくので
喪女のさみしい妄想話とでも思ってお付き合いいただけたら嬉しいです

ほんと、とにかく長いけどな!

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news4viptasu/1483437020
2:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 18:51:43.93 ID:LZSY7jKs.net
遡ること数年前。
私たちにとっては、二十代最後の冬。

久しぶりに、高校時代の美術部仲良しメンバーで飲み会をやることになった。


卒業後もちょくちょく集まってたんだけど
やっぱり、就職や結婚で、男性陣とは段々と疎遠になっててさ。

でも女子会wはしょっちゅうやってたので、ある日のノリで
久しぶりに男どもも呼んで、ちょっと早めの忘年会やろう!と。


そしてその日の連絡で、Aちゃんは私に、ほぼ消えかけてた人の記憶を蘇らせた。

3:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 18:52:34.33 ID:LZSY7jKs.net
「なんかねー、意外な人が来ることになったんだけどさ」

「えっ!まさかの顧問しまピー登場!?」

「違うよw
ほらー、いたじゃん?美術部の隠れキャラと呼ばれてた男子が」

「んん?…………………あー、M君?」

「うん。O君から誘ってもいいか聞かれてさ。
断る理由も特になかったし…いいよね?」

「別にいいよ。私、あの人ちょっと苦手だったけどねw」

「そうねー、私もそんなに得意じゃなかったかなー。
たぶんM君としても、O君が誘ったから来るんだろうし」

「あ~。飲み会とか、絶対参加しなそうなイメージだよねえ」

「まあお互いもう大人なんだし、そこらへんは上手くやろう」

「もちろん!楽しみにしてるよー」

4:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 18:53:48.76 ID:LZSY7jKs.net
M君は美術部員じゃなかった。

彼は、顧問しまピーと同じバンドのファンってことで仲良くしてて
放課後の美術準備室で、いっつもしまピーのCD聞きながら本を読んでいた。

その彼にデッサンモデルを頼んで、準備室から引っ張り出したのがO君。
どうもM君の本を読む姿がO君の感覚にツボったっぽい。
M君、なかなかのイケメンだったんだ。

美術室に出てきたM君は、そのうちO君以外の男子とも打ち解けて
モデル契約が終わってからも、なんとなーく美術室に顔を出していた。

でも私は、どこか陰気でトゲトゲしさのある彼が、どーにも苦手だった。
その後もあまり接触なく卒業したので、私にとっては


M君=準備室で仏頂面してる怖くて邪魔な男子


それで全てだったんだ。

5:名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 18:55:35.46 ID:et4VxlKI.net
1レスがスマホの画面に収まる長さにすると読みやすくて好き

7:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 18:57:09.12 ID:LZSY7jKs.net
>>5
あ、人来てくれた!
ありがとう、読みづらくないかな?

6:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 18:56:05.11 ID:LZSY7jKs.net
誰もいないんだろうか…

改行とか、大丈夫なのかな?
読みづらいかな?

8:名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 18:58:31.27 ID:SDlYmDH4.net
とりあえず見てるぞ

10:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 18:59:35.23 ID:LZSY7jKs.net
>>8
どうもありがとう!
なにぶん不慣れで、ちょっとモタついてます…

9:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 18:58:35.55 ID:LZSY7jKs.net
飲み会の当日。
お店に着くのが遅れてしまった私に、Aちゃんからイマドコ電話が入った。


「ごめん、もうちょっとで着く!」

「うん、気を付けておいで。玉山鉄二もいるよ」

「……はい?」


店に着いて案内された個室のドアを開けると、なるほど、確かにいた。
メガネをかけた玉山鉄二が、そこに。

まーご想像どおり、それがM君の成れの果てだった。

11:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:00:25.82 ID:LZSY7jKs.net
「はい、あんたたち独身席ねー」


Aちゃんに押されてM君の隣に追いやられる。
この日集まったメンバー中、結婚のケの字すらないのは、私とM君だけだった。


「え、う、あ…どーもお久しぶり……玉山クン」

「お久しぶりです。
まだ嫁入り前だから、名前変わってないはずなんですけどねw」


苦笑いしながら、私のためにちょっと体をずらすM君。


「Aちゃんなに言ってんだろ?と思ったけど、ほんと似てるね。
どーして高校生のとき気づかなかったかなあ?」

「あー。あのころはまだデビューしてなかったもんで」

「ご本人様かww」

「はいはい、人の顔見下ろしてないでさっさと座る」

「あ、ごめんごめん」


M君の隣ということでちょっと身構えたけど、
冗談ぽくウザそうにされただけで、高校時代の陰気なトゲトゲしさはなかった。
大人になって、ずいぶんと丸くなったんだなあ。

つーかこれ、あれだ。
きっとよそでも玉山玉山言われまくってんだろうな…。

12:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:01:34.55 ID:LZSY7jKs.net
「でもほんと久しぶり。M君とは卒業以来だもんね。
前はよくこういう飲み会やってたんだよ?来ればよかったのに」

「俺は部員じゃなかったから、やっぱり気が引けてさ」


M君はこの二年間、資格取得のために勉強漬けの毎日だったとのこと。
そして試験終了して、それまでの断酒生活にサヨナラしようと
O君と飲む約束をしていたら、この飲み会の話がきた、と。
どうやらそんな流れで、偶然の参加だったようだ。


「なんかごめんね、部外者がいて」

「んん?だって男子とはまだ付き合いあるんでしょ?
だったら部外者ってわけじゃないじゃないw」

13:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:02:20.22 ID:LZSY7jKs.net
ちょっと縮こまり気味なM君の態度に

そんな遠慮しなくても、その顔ならわりとどこもフリーパスなのでは…?

と思ったけども、話してるうちに段々と気づいた。
彼は、そういう馴れ馴れしさや、調子づいたところがない人だった。

久しぶりのM君はトゲトゲしさが抜けたどころか
控えめな雰囲気の、感じのいいイケメンに進化していた。

きっと高校時代のぶっきらぼうな陰気さは
大人としての落ち着きへ変化したんだろうな、と思った。

14:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:03:21.78 ID:LZSY7jKs.net
「なんか印象変わったねえ、M君。
ホント言うと、高校のころはちょっと怖かったんだー」

「あー…。ごめん、それはお年頃ってやつですよ。
あのころは俺も女子が怖かったんだ」

「へええ、そんな奥手だったんだ?
まー喪女の私が言えたこっちゃないけどw」

「うん、いまも似たようなもんだよ。どうぞお手柔らかにw」


はい、それは絶対ウソだね。

私は、彼氏いない歴=年齢の、正真正銘の喪女。
「君は友達」「妹みたいな存在」なんて、フられ続けて十数年。
だけど、男性ばかりな職場なので、ある意味で男の人には慣れている。
お付き合い経験ゼロなのに、見る目ばっかり肥えちゃっていた。

なのでこの日も、M君と話しながら冷静に観察もしてて
好青年に大変身してる彼に驚きつつも

「こいつ女慣れしてるなー。この顔なら当たり前かー」

なんて、生意気なことを思ってもいたんだ。

しかも私の男性の好みは、ゴツゴツした顔のいかついタイプ。
イケメンには全然興味なくて、M君みたいな人といても全然ときめかない。

15:名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:03:52.59 ID:EBIjMmoc.net
_______________________________

このお話はフィクションです

_______________________________

18:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:07:24.99 ID:LZSY7jKs.net
>>15
そんな感じで読んでもらえると、実は助かるw

16:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:05:09.11 ID:LZSY7jKs.net
「まあどーせ、玉山クンはモテるんだろーしねー」

「あのー、そろそろ玉山呼ばわりはやめてもらえませんかねえ」

「いーじゃん、褒めてるんだし。
それともあれかい?
君、イケメンであることにコンプレックスがあるとか?」

「なんで飲んでない方が絡んでくるんだよw
いやもう単純に、俺の名前は玉山じゃないからね?
それにもしも喪子だって………って、あれ?

…………えーっと。

……俺、高校のとき、喪子って呼んでましたっけ…?」

「いんや、苗字にさん付けでした」


やっとそこに気づいたか。
たぶん呼び方忘れちゃうくらい、印象薄かったんだろうなー。
そんで他が喪子喪子呼んでるから、つられちゃったんだろう。

17:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:06:14.12 ID:LZSY7jKs.net
「そっか、俺も偉そうなこと言えなかったか。ごめん、喪田さん」

「いまさらどーでもいいわいw好きなように呼んでよ」

「えーと、喪田さん…喪子さん…喪子ちゃん…………喪子」

「はいよ」

「ごめんね、やっぱり俺もみんなと同じように呼んでいいですか?」

「だから気にしないでいいってばww」


この時、私は確信した。
こいつ、やっぱりいい奴だ。

24:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:09:34.71 ID:LZSY7jKs.net
それにしたって、大人になったM君とはかなり話が弾んだ。
彼はおしゃべりではないけど、口を開くと三枚目になるタイプだった。
話を聞いてて面白いし、こっちの話もしっかり聞いてくれる。

それに私たちには、いくつか共通点があったんだ。

まず、聞いてるジャンルは違ったけど、音楽が好きということ。
それと、職業がビミョーにかぶっていたこと。
これには彼のほうが食いついてきた。
彼には私の職種方面のツテがなかったらしく
お願いされたので名刺を交換すると、周りから野次が飛んだ。


「ちょっとそこ~…商談かよ…」

「ちゃんとプライベートのも交換しなよー?」

「せっかくだから、クリスマスは二人で過ごせば!?」

「「クリスマスは夜まで仕事だよ!」」


誰かの言葉に、私とM君は同時に返した。

25:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:10:02.12 ID:LZSY7jKs.net
私たちの職種は年末が特に忙しく、クリスマスなんてできないのが恒例。
もう慣れっことは言え、なんとなく仲間意識が芽生えてしまう。


「なにクリスマスに仕事してんだよw」

「そっちこそwお互い様でしょーがw」

「クリスマスがヒマだと、正月がこないもんなあ」

「そーそー。クリスマスだけ忙しいわけじゃないけどね」

「それじゃあ、クリスマスに仕事終わって虚しくなったら、メールでもくださいな」


M君はさりげなく、自分の名刺の裏にメアドを書き込んだ。

うーん、この流れ…
やっぱこいつ、慣れてんなー。


「でもこのアドレスにメールすると、
ちょっとこれ誰よ!なんて修羅場になるんでしょ?」

「それはありません」


即答でした。

26:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:10:56.37 ID:LZSY7jKs.net
その後、私は喪女たる矜持を保って、M君にメールすることはなかった。
と言うよりも、仕事のバタバタでそれどころじゃなかったんだ。

だけどクリスマスの夜、仕事帰りに立ち寄ったコンビニで
クリスマス用のショートケーキが一つ売れ残ってるのを見たら、ふと

あ、M君にメールしてみようかな?

という気分になった。
ヒマだったらメールくれって言ってたもんね。


………だけど、相手はイケメンですぜ?

聖なる夜に喪女がイケメンにメールするとか
勘違いも甚だしいんじゃありませんかい?


もう一人のモジョモジョしい私が語りかけてきたけど
「それはありません」という即答を思い出して、思いきってメールしてみることに。

27:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:11:34.50 ID:LZSY7jKs.net
「今コンビニで、売れ残ってるケーキを見つけた。
同じ売れ残りとして、どうしたらいいかな?」


返信はわりと早かった。


「返しに困るメールを寄こすな!

是非ご一緒にと言いたいところですが、あいにくと風邪をひいてしまいました。
せっかくメールしてくれたのに申し訳ない。
ケーキは買ってあげるとよいでしょう。

メリークリスマス」

28:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:12:00.81 ID:LZSY7jKs.net
おあー。

なんかずいぶんと、やんわ~り断られたなあ。
別に一緒に食べたいなんては思ってなかったのに
断られると、なんだかやっぱり凹むなw

…ひょっとして、女の子と一緒だったとしたら悪かったなあ。


「お邪魔しちゃったならゴメン!
ほんとに風邪ならお大事に、あったかくして寝ろよ~。

メリークリスマス!」


送信。

さーてケーキ買わずに帰るかあ、と思ってたら、携帯が鳴った。
M君から、メールではなく電話がかかってきた。

29:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:12:23.69 ID:LZSY7jKs.net
「本当に風邪ですよ」


開口一番、彼はものすごい掠れ声でそう言った。


「うわー…。それ、しゃべらない方がよくない?」

「だったら、しゃべらすようなメールをするな」

「あー、えーと、そうか…ごめんなさい」

「いえいえ、こちらこそ突然電話してすいません。
もう三日も寝込んでて、どうにもヒマなもんで、つい…」

「え、三日も?」


この繁忙期に!?
とは言わないでおく、私の優しさ。

30:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:12:47.09 ID:LZSY7jKs.net
「確か一人暮らしだよね。ちゃんと食べてんの?」

「」


一瞬、言葉が止まった。


「食べてるよ」

「なにを?」

「適当に、あるものを」


食べてねーな、こいつ。


「あのー、もしなにか食べたいものあったら、持っていこうか?
せっかくだし、この際、頼ってくれてもいいよ?」

「あー………それじゃあ、甘くて柔らかくて喉にやさしい、ケのつく食べ物を…」


売れ残りのケーキを速攻で買う。
だけど、風邪ひいてるときにケーキはないよなあ。

レトルトのスープやおかゆも買って、メールで送られてきたM君のアパートへ向かった。

31:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:13:21.55 ID:LZSY7jKs.net
出迎えたM君は、顔色と声以外はわりと普通だった。
扁桃腺をやられて、高熱を解熱剤で抑えてるとのことだった。

「風邪ひいててもイケメンなんだねー」

と言うと

「いま病人なんで、上手いこと返せない」

と、鬱陶しそうにシッシッと手を振られた。
やっぱり、言われ慣れてんなー。

32:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:13:48.62 ID:LZSY7jKs.net
「どうですか、シャバの様子は?」

「普通普通w絶好調に修羅場だよww」

「そっか…。
じつは昨日、年内仕事だけでもって思ったんだけど…
上司に追い返されちゃってさ」

「はあ!?ひょっとして、その顔色で出社したの!?」

「うん、どっちにしろいい迷惑だよな…でも焦っちゃってさ」


しゅんとしてしまうM君。
ああ、休んでること、こんなに気にしてたんだ…。

33:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:14:14.02 ID:LZSY7jKs.net
「嫌味っぽい言い方してゴメン。
まあ追い返されたってことは、気にせず休めってことだよ。
いい上司さんじゃないかw
ところで、はいこれ。ケーキと、その他いろいろ」

「いろいろ?」

「うん、あっためればいいだけのやつ。
いらなかったら保存食にでもしてね」

「いらなくない…すごくありがたい」

「じゃ、早くよくなれよ!」

「え、ちょっと待った。あの、お代」


見れば、彼の手にはお財布が。

34:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:14:40.96 ID:LZSY7jKs.net
「いいよいいよ、お見舞いだよ。
サンタさんからの生活感あふれるプレゼントじゃw」

「え、でもそれじゃあ……えーと、風邪うつるの覚悟で上がっていく?」

「ぜったいにヤダw早く寝ろw」

「だよね。えーと、その、あれだ…
こんど酒……は、そっか、飲まないのか。
じゃあ、年明けに、食事でも、ご一緒に」


なんだかやたらしどろもどろだった。
あちゃー、病人に気をつかわせてしまった。


「うん、楽しみにしてるわw
でもまずは、しっかり休んで風邪治せよ!」


このとき、食事のことは社交辞令としか思ってなくて
なんか人助けしちゃったなあ!くらいの感覚だったのでした。

35:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:15:10.83 ID:LZSY7jKs.net
そんなだったので、なんの期待もせずに年末年始をすごして
普通に仕事始めを迎えて、やっとお正月気分も抜けてきたころに
突然メールでM君から食事のお誘いがきたときは

「ずいぶんと律儀だな~」

と思ってしまった。
それとも、借りは返さないと気が済まないのかな?

どっちにしろ、彼とまたおしゃべりできるのは、私としては楽しみだった。
なので喜んでお受けしよう、とは思ってたんだけど……

一つだけ、気になることがあったんだ。

36:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:15:51.25 ID:LZSY7jKs.net
それは、お見舞いを届けに行ったM君のアパート。

失礼だけども、ボロだった。
それも、かなりのボロ。
着くなり「ほんとにここ!?家賃いくら!?」と思ったくらいボロ。

この業界、ものすごくお給料がいいわけでもない。
もしかしてM君、あまりお金に余裕がないんじゃないか?
だってあのとき、すごくしどろもどろになってたし…
無理して食事に誘ってくれてるんだとしたら、どうしよう?

だけどせっかく誘ってくれてるのに、そんなんで断るのもないよねえ…。

と、まあ結局は、ご馳走になったんだけどさ。


今こうして振り返ってみると、私はこのときから、
なにかボンヤリと感じとってはいたんだなあ、と思う。

そしてそのボンヤリは、やがて段々と形になっていくことになる。

37:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:16:50.10 ID:LZSY7jKs.net
M君の風邪はかなりしつこかったらしい。
まずはじめに、お礼が遅くなったことを謝られた。


「参ったよ、年内で治ると思ってたのに。もう歳なのかなあ」

「栄養失調なんじゃないのー?」


冗談めかして言ったけど、M君、わりとやつれてた。


「俺、体調不良が顔に出るんだよね。
でもあの差し入れは本当に助かった、実は食料が底をついてたので」

「ほかに誰か、助けてくれる人いなかったの?」

「うん、誰もいなかったねえ…」

「えー?イケメンのくせにー?」

「イケメン全員にそういう人徳が備わってると思うなよな」

「でもほら、そんな時に一番頼りになる人がいるじゃない」

「ん?誰?」

「家族だよ。電話すればよかったのに」

「あー。いまちょっと疎遠になっててね」

「あ、ごめん、そうなんだ」

38:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:17:39.17 ID:LZSY7jKs.net
そんなあいさつ代わりの会話をさっくり交わし、話題はまた音楽方面へ。

話してるうちに、昔CMで聞いてメロディーしか覚えていなかった曲を
なんとM君がCD持っていることが判明して、私、大はしゃぎ。


「もうずっと気になってたんだよー!
お願いです、CDを貸してください神様!!」

「…これでイヤだと言ったら鬼だよねw」

「うおおお、帰りにアパートまで取りに行ってもいい!?」

「えーと……後日じゃだめかな?」

「はああああン?なんでよ???」

「借りる分際で態度でけえなw
ずいぶんと聞いてないから、きっとすぐには出てこないよ。
一体どこに埋もれているやら…」

「そんなの、一緒に発掘するよ!」

「いや、勘弁してよ」

39:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:18:06.84 ID:LZSY7jKs.net
ピシャリとM君に言われて、はっとした。
私、はしゃぎすぎて今かなり図々しいこと言った。

そうだよな…。
私はM君の彼女でもなければ、友達ですらない。
ただちょっと差し入れをして、その借りをM君はこうして返してくれた。

CDを借りたら、返すときにまた私と会うことになる。
ましてや部屋に押しかけて、一緒に探すとか。

もう彼は、私に付き合う義理はないんだ。
ちょっと話が合うくらいで、図に乗っちゃいけない。


「………ごめん!なんか私、馴れ馴れしいねw
CDは、発掘終了後に気が向いたらでいいやw」

「え?」


M君はきょとんとしてから
私の態度急変の理由をすぐに察したようだった。

40:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:18:33.45 ID:LZSY7jKs.net
「そっか、ごめん、言い方悪かった。そういう意味じゃない。
一緒に発掘してくれる、その気持ちはありがたいんだけどね…」

「……?なに?」

「………部屋が、とても汚いのですよ」


何故かゲンドウポーズで深刻な表情をするM君。


「そう?こないだお邪魔したときは、綺麗だったじゃない」

「あれは人に見せるエリアだから…その奥の生活エリアが、ちょっと」

「エリアわけされてるんだwでも私も人のこと言えないからなー」

「いや…いま喪子が想像した汚さとはレベルが違う。
その程度の覚悟で入ったら、きっと後悔するよ」

「なんだそれ、どんなレベルだw」

「えーと、TSUTAYAの倉庫にホームレスが住み着いたレベル?」

「うわあ、なんかすごい具体的に映像が浮かぶwww」

290:名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/01/04(水) 16:08:05.16 ID:Vci6yZw+.net
>>40 
「ゲンドウポーズ」ツボったw

41:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:18:58.78 ID:LZSY7jKs.net
「俺はもう、年単位で自分の部屋の床を見た覚えがない」

「ちゃんと掃除しろw」

「そこで掃除って言うのがね…必要なのは産廃業者だよ」

「威張るなwww」

「なんなら、自分の目で確かめてみる?」

「え………いいの?行っても?」

「いいの?って、俺が聞きたいよ……ほんと、マジで汚いぞ?」

42:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:20:37.91 ID:LZSY7jKs.net
とりあえず投下してるけど、読んでもらえてるのかな…

43:名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:23:15.17 ID:V+Dkybdy.net
ノリが寒い

47:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:24:51.19 ID:LZSY7jKs.net
>>43
そうか…
でも大量に書き溜めてしまってるんだ…

45:名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:24:08.23 ID:58UzqxIB.net
読んでるよ

46:名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:24:11.99 ID:mbe5AZfB.net
あげときゃ誰か見てるからいちいち気にすんな

48:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:25:36.74 ID:LZSY7jKs.net
>>45-46
ありがとう!

49:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:26:05.50 ID:LZSY7jKs.net
M君の部屋は、汚いというのとはちょっと違った。
想像してたような、ゴミとか洗濯物が散乱してるような不潔さはなかった。
一応、床も部分的には見えてたしね。

ただ、部屋のわりには大きすぎる本棚が一つ。
そこから溢れた本とCDとDVDが、床にうず高く積まれていた。
彼は、読書と映画と音楽をこよなく愛する、かたづけられない男だった。
なるほど…TSUTAYAの倉庫ね。

私は映画は全然詳しくないけど、本は好き。
だからM君の蔵書量には驚いた。


「そっか…高校生のころも読書家だったもんね」

「忙しくて、いまは全然だけどね」

「あーでもこれで、えっちいのとか発見しちゃったら気まずいー」

「そこはひとつ、大人な対応で…」

「……………えええっ!M君、何これ!?」


見つけたのは、えっちいのではなくて、とある画家の画集だった。
私がご予算的にマゴマゴしているうちに
販売終了してしまった限定版が、無造作に床に積まれていた。

50:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:26:38.18 ID:LZSY7jKs.net
「うわー!これ高かったでしょ?」

「あれ、喪子もその画家、好きなの?」

「うん!しかもフルセットだ~。すげ~」

「まーそういうのに散財できるのが、独身の醍醐味ですよ」


彼はその他にも、高額そうな画集から中古の文庫本までを、ガンガン床に積んでいた。
DVDも、私が全然知らない映画のボックスがいくつも並んでいた。
そして目的のCDはというと、一目で捜索を諦めるのにじゅうぶんな状態だった。


M君への貧乏疑惑は消えた。
これだけ趣味のものを溜め込んでいるとなると、生活苦ということはないだろう。
アパートがボロいのは、趣味にお金を回すためなのかもしれない。

51:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:27:04.38 ID:LZSY7jKs.net
堆積物を夢中で眺め倒している私に、M君が言った。


「なんか、久しぶりに自分以外の人が部屋にいるの見てると
部屋の惨状が客観視できて、自分でも引くわ…」

「そこまで卑下することないよ、帰ったら靴下履き替えるけどw
でもこの部屋、なんだかすごい落ち着くんだよねー」

「さては、何もない広い空間が苦手なタチだな?」

「ああ、それだw」


まるで図書館のようなその部屋は、乱雑ではあったけど
それなりの秩序があって、妙なバランスで落ち着いていた。
なんだかそこに、M君の内面が現れているような気がした。


「じゃあ、CDはまた今度ってことで、本日はご満足いただけましたかね?」

「うん、あのねM君、お願いがあります」


ちょっと思いきってみた。

52:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:27:29.34 ID:LZSY7jKs.net
「ん?なに?」

「私、またこの部屋にお邪魔しちゃ駄目かな?」

「駄目だよ」

「えっ、即答かい!」

「うん、ごめんね」

「じゃあ、私と友達になるとかは?」

「…友達」

「うん、友達。その先の下心、全くない」

「友達……は、どうかなあ」


M君は、飲み会の最初のときに見せたみたいな苦笑いをした。

53:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:27:58.09 ID:LZSY7jKs.net
「俺、友達はもう増やさないことにしてるからなあ」

「え、なにそれ。じゃあ彼女なら?」

「さっき自分で下心ないって言ったじゃないかw」

「うん、だって本当にM君の彼女になりたいとかじゃなくて
ただ単に仲良くしたいと思ってるんだよ。
M君、M君と私は、かなり気が合うよ」

「お。さすがですね、その押しの強さw」


この「さすが」は、私の職業柄をさしての言葉です。
押しが強いってより、言いたいことは言っちゃわないと気が済まないだけなんだけどね。


「だけど、今は仕事じゃないからね…
断られても押しかけたりしないから、大丈夫w」


こういうときの立ち直りの早さは、喪女歴の長さが物を言います。
さーて、あのCM曲のタイトルがわかっただけでもヨシとしよう、
なんて思いながら、なるべく上手にさっぱりと立ち去る準備をしていたら。

54:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:28:24.41 ID:LZSY7jKs.net
「あのさ………
俺、友達って、"なりましょう"ってなるもんじゃないと思うんだ」


そんなこと言われなきゃ、こんなこと言う気なかったんだけど。


「うん、まーそうかもしれない。
でも、"増やさない"って決めるもんでもないと思うよ?」


よくわからなかったけど、この会話はM君にとって、なにか重要なものらしかった。


「そっか………ごめん。
なんか俺、面倒くさいこと言ってるな」

「ううん、私が変なこと言い出したからだよ。
こっちこそ、気を遣わせちゃってごめんね!
私としては、今日が楽しかったからオッケーさw」

「CD、見つかったらメールする」

「えー、友達じゃないのに?w」

「………うん」

55:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:28:54.52 ID:LZSY7jKs.net
このとき、M君が何をどう考えてたのかは知らない。

だけどその後、CDが見つかったってメールがきて、また外で食事して
それからはなし崩しに、なんとなーく呼んだり呼ばれたりして
時にはM君の部屋で、語らったりして。

つまり、私たちはいつの間にか、紛れもない友達関係になっていた。
まあ私としては、最初の望みが叶ったわけだから、何の文句もなかったんだけど。


でもだったら、あの日のM君のきっぱり拒絶は、一体なんだったんだろう……?


という疑問と戸惑いが、私の中になかったわけではない。
だけどそこに触れるのは大人げない気がした。

私はいろんなことをあんまり深く考えない、単純ノンキ。
でもM君は反対で、繊細で思慮深く、ちょっと屈折したとこのある人。

だからきっと、私では思いもつかないことを考えていたんだよ、うん。

56:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:29:17.71 ID:LZSY7jKs.net
正直に言います。

ガサツな私からすると、M君のそんな繊細さ、思慮深さは、
時に複雑すぎて面倒で、臆病さを感じさせもした。

前にも書いたとおり、私の好みは、見た目も性格もごつくて男らしい人。
イケメンで、優しくて、控えめで、線の細いM君は、その対極。
失礼ながら、私には彼がただの気弱な優男にしか見えていなかった。

同じように、M君だって私のことを
ガハガハよく笑ううるさい女って程度にしか見てなかったと思う。
そんなふうに、私たちは最初、お互いを異性としては全然見てなかったんだ。

それがあることをきっかけに、私の気持ちが大きく動いてしまったのです。

57:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:29:45.59 ID:LZSY7jKs.net
飲み会からは、半年以上たったころだったかな。
M君の車で、ちょっと遠くの美術展に出かけたことがあった。

外で会うときはいつも現地集合、現地解散だったので
おー、なんだかデートみたいですぞ!と、ちょっと浮かれた私。
それでバチでもあたったんだろーか。

帰りに寄ったコンビニで、私は自分で出したゴミを捨てようと、鍵を借りて車に戻った。
ゴミの入ったビニール袋を取って振り返ったら、隣の車に袋が当たってしまった。

そしたらその車から、わかりやすいDQNが降りてきた。二人も。

58:名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:29:50.78 ID:syQ8ziL7.net
女ってどんな容姿でもどんな性格でも必ず彼氏がいるよね

59:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:30:09.89 ID:LZSY7jKs.net
「おい!いまそれぶつけただろ!」

「すっ、すいません!」

「傷がついただろうがああああん?」

「え、え?」


DQNはぶつけたところを見てもいない。

し、しまった~、からまれた…

おどおどしてるところへ、店内からM君登場。


「どうしたの?」

「え、あんた、こいつのツレ?」

「そうだけど、なに?」

60:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:30:50.85 ID:LZSY7jKs.net
DQNは、私が女一人でからみやすいと思ってたんだろう。
M君にちょっとたじろいだけど、方針は変えないみたいだった。

私が言うのもなんだけど、優男代表みたいなM君です。
いける、と思ったんだろうな。


「こいつがその袋を俺の車にぶつけたんだよ。傷がついたから、直してもらうから」

「ぶつけたの?」

確認してくるM君。

「うん…ちょこっとぶつけちゃった…」

「なにが入ってるの?」

はい。お菓子の空き袋と、空のペットボトルです。

「これで傷がつくって、一体どんな勢いでぶつければ……」

M君はDQNの車のわきにしゃがみこんだ。

61:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:31:31.42 ID:LZSY7jKs.net
「どのへんにぶつけた?」

私に尋ねるM君。

「えーと、たぶんこのへん…?」

「どの傷だかわかる?」

DQNに尋ねるM君。

「そんなんわからねーよ。そこらの傷、全部だよ」

「一度ぶつけただけでこんなに傷がつくはずないだろ。どの傷かって聞いてんの」

「わからねーから全部直せっつってんだよ!」

「なんで因縁つけといてンなこともわからねーんだよ!」


………逆ギレとな!?

62:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:32:02.42 ID:LZSY7jKs.net
M君は突然、ガラの悪い人にジョブチェンジしていた。

下から睨むM君、ああン?って感じで詰めよるDQN。
へにゃちょこ優男だと思ってたM君だけど
そうやって凄むと、顔キレイなぶん、怖いです。


それにしても、なんか見たことあるなあ、この構図。

………ああ、龍虎図だ。


「ぶつけたって認めといてバックレる気かよ!」

「直さねえとは言ってねえだろ、こっちでつけた傷はどれだって聞いてんだよ!」


な、なに言ってんの、M君!?
やめてー!お願いだから煽らないでー!
争いより愛を、喧嘩売るより通報を!

と思ってたら、DQNは二人でなにか相談しはじめた。

63:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:32:27.97 ID:LZSY7jKs.net
「あー、もうめんどくせーからいいよ。
俺ら、ヤクザの知り合いいるから。いまから呼ぶから」


えっ、リアルで初めて聞いたけど…本当に言うんだ、このセリフ!


「わかった。待つから早く呼んで」


えっ、待っちゃうの!?!?


M君は立ち上がると、私の手を引いて車とDQNから少し離れた。
するとDQNは、また二人でごちゃごちゃなにか言ったあとに

「今日はもういいよ、めんどくせー」

とか言いながら、車に乗って行ってしまった。


ぽかーん…。
いないんだ、ヤクザの知り合い…

64:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:32:54.94 ID:LZSY7jKs.net
私は車の中で猛烈に謝った。


「ごめんね!迷惑かけて本当にごめん!」

「べつに喪子のせいじゃないよ。それより、大事にならなくてよかった」

「あのー……M君、ひょっとしてこういうのに慣れてる…?」

「人聞き悪いなー。内心ビクビクでしたよ」

「でも、やけに落ち着いてなかった?」

「うーん。俺、高校卒業してから、あちこちふらふらしてた時期があるんだけどさ」

「ああ、バックパッカー?」

「てほど本格的でもないけど。
それでトラブルに巻き込まれたときの対応覚えた」

65:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:33:21.95 ID:LZSY7jKs.net
M君いわく、因縁をつけられたときは

「抵抗しない、同意しない、相手と同じ人格になる」

が鉄則だそうです。


「だけど、直さないとは言ってないって、同意になるのでは…」

「でも直すとも言ってないし」

「き、詭弁だあ…」

「結果オーライ」

「でもさ、本当にヤクザ呼ばれたらどうするつもりだったの?」

「まー呼ばないでしょうよ。
素人相手にタカリ失敗しましたって言いふらすことになるし。
それよりも、あそこで弁護士呼ぶぞって言われる方がよっぽど怖いわ」

66:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:33:50.24 ID:LZSY7jKs.net
イケメンで、優しくて、控えめで、大人しくて、気弱な優男だったはずのM君。
確かにそれが彼ではあるんだけど、でも、それで全てじゃあなかった。

思いがけず肝が据わったところを見せられて
私は初めてM君を「かっこいい」と思った。
サビついていたマイハートが、ゴロンゴロンと動き始めた。


吊り橋効果もあったんだろうけど、私はM君に恋をした。

67:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:34:34.61 ID:LZSY7jKs.net
言いたいことは言ってしまわないと、気が済まない性分の私。
これまでそうして何度となく玉砕してきたわけですよ。
でもこの時は、そのまま突っ走ろうとする自分を引き止めるものがあった。

それはチラチラと見え隠れする、M君の屈折した思考の根っこにあるものだった。
一体それが何なのか、私には全く理解できていなかった。

そんなミステリアスなところもステキ…
なんていう乙女な恋愛観が、残念ながらない私には
彼のミステリアスさについて、一つの可能性が思い浮かんでいた。


M君ってさ、ひょっとして…………ゲイなんじゃないの?


別に彼は、ナヨナヨしてるとか、オネエっぽいとかじゃあない。
だけど、普段の動作や食事のマナーなんかに
男性特有なワイルドさっちゅーか、下品さがなかった。

ごめんね、男の人を貶しているわけじゃないよ。
でも私はそういうところに、男らしさを感じるわけさ。

68:名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:34:41.06 ID:dM6a4Ws2.net
すまん、長すぎるからちょっと3行に簡潔にまとめてくれんか?
明日から仕事でさ…すまん…ホントはメッチャ読みたいんやけど…

71:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:36:42.56 ID:LZSY7jKs.net
>>68
残念、それはムリ
おことわりしたとおり、ものすごく長い

69:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:35:03.61 ID:LZSY7jKs.net
彼がゲイだとすれば、最初に食事に誘ってくれたときのしどろもどろさや
私が友達になりたいって言ったときの即答拒否にも、納得できる。

女慣れしてる様子は単なるカモフラージュで
ほんとは私と二人きりで食事するのに抵抗があったんじゃ?
私が「彼女になる前に、まずはお友達から」と企んでると思って、警戒したんじゃ?

自分がゲイだとバレたくなくて、あんな曖昧な態度をしてたんじゃないか?
だけど私にその気がないとわかって、気を緩めてくれたんじゃないだろーか?

それに、あの顔と性格で女っ気が全然ないっていうのも、ずっと不思議だったんだ。

過去の恋愛話を聞いたら、「いやまあそれなりに~」
好みのタイプを聞いたら、「気に入れば誰でも~」
なんて、いつもゴニャゴニャ誤魔化されてしまったし。

そんなのも、M君がゲイならば、なるほどな反応だった。

70:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:35:26.33 ID:LZSY7jKs.net
………マズイ。これはマズイぞ。
いくらなんでも、三十路目前でゲイに恋するのは、ダメージ大きすぎ。

傷が浅いうちに確かめなくちゃ…
でも必死に隠してる本人に直接聞くのは、やっぱり、ちょっと…


とAちゃんにこぼしたら、「いい肴になるな!」ってとこで
美術部女子会が開催されることとなったのでした。

72:名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:37:01.31 ID:0Jv9f4W7.net
28歳喪女だけど羨ましい
彼氏ほしい….

73:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:37:35.78 ID:LZSY7jKs.net
「へえええ~、喪子がM君とはねえ~!」

「あれ?でもあんたの初恋の人、山崎努じゃなかったっけ?」

「それはそれ、これはこれだよ!」

「はー。人は顔じゃないんだねえ…使い方間違ってる気がするけど」

「でもそのDQN話はわかるなー。それは惚れるかも」

「それにあいつ、化けたよねえ。ずいぶん丸くなってたもん」

「高校生のころは、みんな遠巻きにしてたもんねえ」

「そーいえばはじめて話したの、あいつがモリエール殺したときだったなw」


準備室にあったモリエールの石膏像を、M君が落として割ったって意味ね。


「あったねー、そんなこと!」

「そうそうw
O君がモデル頼んだときも、M君最初いやがってたのに
O君贔屓だったしまピーが、モリエール殺しで脅迫してさ。
無理矢理モデルさせられてたんだよ、あれw」

74:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:38:40.22 ID:LZSY7jKs.net
「へええ。じゃあ、しまピーが二人の仲人じゃん」

「なに?仲人ってことは、M君とO君はそういう関係なの?」

「知らなーい。でも妄想するには一番手っ取り早いじゃーん」

「ちょっとー、根拠のないこと言わないでよー。
まだそうだって決まったわけじゃないんだし…」

「でもあれだよ?卒業してから、M君はO君ちで半同居してたみたいだよ?
こないだD君が言ってた。M君に連絡したい時は、O君に電話してたって」

「ほー。M君がO君ちに押しかけてたってことかあ。
で、今やO君が一児のパパってことは、M君の片想いかあ…」

「あ、でもそのころは、O君フリーでM君には彼女いたってさ」

75:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:39:02.96 ID:LZSY7jKs.net
すごい、すごいよ、女子どもの情報収集力は。
M君との個人的なお付き合いの中で、私では全く得られなかった情報を
たった三時間程度の飲み会で、ここまで把握してるなんて。


「なんだ、よかったー。M君、彼女いたんじゃん!」

「えー?でもほら、その後発症したかもしれないしー」

「そーそー、別に相手はO君じゃなくてもいいわけだしね」

「そんなあああ…」

「まあなんにしても、あの顔ならゲイでも納得するよねー」

「えっ、そう?なんかそれにしては、色気が足りなくない?」

「あー色気かー。色気はないなー」

「でもそれだったら、ゲイには全員に色気があるのかって話よ」

76:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:39:26.05 ID:LZSY7jKs.net
「なんだよー、結局どっちなんだよー」

「だって、M君がどっちだろうと、私らには全然関係ないもん」

「あんたねー、こんなとこでウダウダ言ってる前に
確かめる一番手っ取り早い方法があるでしょ?」

「そうだよ、とっとと告白してきなよ」

「うん。飲み会のときは、なかなかいい雰囲気だったよ?」

「「「頑張れ喪子!彼氏いない歴=年齢に終止符を打つんだ!(そして報告よろ)」」」


まあ、そうするしかないってことはわかってたんだけどさ。
彼女らに背中押してもらった結果、私はやっと本来の玉砕精神を取り戻して
ある日、M君の部屋でアタックした。

77:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:39:51.55 ID:LZSY7jKs.net
「M君、お話があります」

「はいはい、なんでしょう?」


どうせまた、あの本買ったら貸してでしょ?みたいな態度のM君。


「好きです。付き合ってください。
友達としてじゃなく、男性として好きになってしまいました」

「…え」


まさに、鳩が豆鉄砲な顔になるM君。
いまさらのように心臓がバクバクしてくる私。


「え、え…え、だって、えええ…?」


うろたえるようなM君の声。
相当マメデッポーだったのか、しばらく言葉が出てこないみたいだった。

78:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:40:16.15 ID:LZSY7jKs.net
「でも、ほら、なんか、あれだよね?
……喪子は俺のこと、男として見てなくなかった?」


はい!?
バレてたの!?


「うん、まあ……ごめんなさい。最初はそうでした」

「だよね?それがなぜ?いつから?」

「DQNにからまれたときから…」

「え?…あー、あれね…」

「あのとき、かっこいいなと思って…」

「ふうん、そっか」

そっけない返事が悲しかった。
私にとっては大きな出来事だったけど、M君にしてみれば大したことなかったんだな…

と思ったんだけど。

M君、手のひらで顔をパタパタあおぎだした。
表情は変わってなかったけど、赤面してたっぽい。

79:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:40:40.52 ID:LZSY7jKs.net
「いやー…あんまり突然なので、驚いた…」

「う、うん、突然ごめんね」

「いえいえ………あ、そっか。
俺、女の子から告白されたの、初めてなんだ…」



…え?
な、なにそれ、どういう意味なのそれ!?


「だだだだだって、いたんでしょ彼女!?女の!!」

「いたけど…いつも俺から告白してたから」


あ、なーんだ、そういう意味かあ!

ほっとする私。
だけどM君はそのまま黙りこんで、私がいるのを忘れたような長考に入ってしまった。

81:1@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 19:41:41.57 ID:LZSY7jKs.net
しばらくはその沈黙に付き合ってたんだけど、途中で堪りかねて
「あのー、それで、どうでしょうか」と先を促す私。

「あっ、うん、あの…返事はちょっと…待ってもらえる?」

え。
な、なんで待つの?

やだ、死刑宣告を先送りにされてるみたいで、やだ。
いますぐここで返事してほしい、たとえ断られても。

…なんては言えず。


「はい、わかりました」


私はこの日、すごすごとM君の部屋を後にしたのでした。


PickUp!