すまん。 
スレ立ててくれた人ありがとう。 
体調崩して来れなかった。 

色々指摘あるが、10年近く前の話なんだ。スルーしてもらえると助かる。 
シリアスな話しになるのは申し訳ない。 
いい思い出もたくさんあるんだ。ただ書きたいことだけ書いていく。 
今日夜書けたら書きます。

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news4viptasu/1405170398/
193:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/28(月) 23:17:54.18 ID:7t35hwr50.net
>>1よ待ってたぞ!

195:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/28(月) 23:57:43.54  ID:E4SvdPPPO.net
すまん遅くなった。 

やることやったらすぐ書いていきます。

198:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/29(火) 00:13:01.95 ID:3e7x9HJW0.net
>>195 
無理しないペースでおk

199:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/29(火) 00:18:55.19 ID:iuEiTLPa0.net
>>195 
おかえり

201:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 00:37:09.66  ID:JjzRc+udO.net
続き 
ハルは6歳になった。 
随分お兄ちゃんになったんだ。 
一年前まではまだまだお子ちゃまだったのにな。 

こだわりが強いせいか、計画通りにいかないといつも泣き叫んで怒ってた。 
うまくいかないことがあっても、 
それに合わせながら毎日のスケジュールをたて、少しずつだけど改善してきた。

202:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 00:38:47.43  ID:JjzRc+udO.net
今は一人でも随分自分のことが出来るようになった。 
靴を履くのも、歯を磨くのも人まかせだったのに。 

ハル自身、自分で何でも挑戦する楽しみを覚えた。 
これも保育園の協力のおかげだ。 
精神科の先生もハルの成長をすごく褒めてくれてた。 
俺自身もすごく驚いてたな。

203:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 00:40:31.53  ID:JjzRc+udO.net
ハル「パパ? 
アンパンマンはバイキンマン、パンチするのよくないね?」 
悲しそうな顔で、昨日借りたアンパンマンのDVDを見ていた。 
俺「うん、そうだなw」 

ハル「あーーーん。(泣) 
バイキンマンイタいよー 
かわいそーなのー」 
クライマックスでは必ず本気で泣くハル。

204:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 00:41:45.06  ID:JjzRc+udO.net
俺が常々痛いことしちゃ駄目だって言ってる。 
ハルはアニメでも十分に痛いことが伝わっているようだ。 

人と接しても、相手の気持ちや感情の理解などができないハル。 
やっぱりこだわりは強かったけど、それでもハルなりに思いやりがあって優しい子に育ってくれてる。 

それが何よりも嬉しかった。

205:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 00:43:02.03  ID:JjzRc+udO.net
就学相談を終え。 
来年はいよいよ小学校だ。 
ハルにとっての分岐点。 
俺もこの時ばかりは慎重になった。 

職員「ハルちゃんは十分通常の小学校での教育を受ける適性はあります。 

お父さんはどうお考えですか?」 
判定前の希望を聞かれた俺は、すぐに答えることが出来なかった。 

ハルを通常の小学校に通わせるべきなのか。 
特別支援学校に通わせるべきなのか。

207:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 00:44:41.55  ID:JjzRc+udO.net
一度地域にある特別支援学校と、小学校に見学に行った。 
ハルは通常の小学校に行くのをすごく楽しみにしていたんだよ。 
何しろ仲良しのマイちゃんがいるんだ。 

見学の時にも、マイちゃんやマイちゃんの友達と運動場で走り回ってた。 
ハルちゃん可愛いって言われて嬉しかったんだろうな。 
家に帰っても、 

ハル「○○おねーちゃんがカワイイって言ってたのw 
カワイイ?」 

俺「可愛いよw」 

ハルは可愛いって言う単語が好きなんだ。興奮して嬉しそうにするハル。 
その姿がとても愛らしい。

208:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 00:49:16.57  ID:JjzRc+udO.net
俺は将来ハルにとって一番良い選択をしてやりたいと望んでる。 


確かにハルの成長は思った以上に早かった。 
同年代の健常児の子達とも、差ほど変わらない感じだと思う。 

少し前までは考えられなかったことなんだよな。 

でも、不安で仕方なかったんだ。

209:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 00:52:43.57  ID:JjzRc+udO.net
佐々木先生「判定で通常の小学校でも大丈夫だったそうですね? 

本当に良かった」 

俺「ありがとうございます。」 


佐々木先生「なんか浮かない顔。 

どうしたんですか?」 

本当は喜ぶべき事なんだよ。 
でも俺はそう簡単に、手放しで喜ぶことが出来なかった。

210:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 00:53:52.04  ID:JjzRc+udO.net
観察での全体行動に関しては問題ないと言われた。 
ただしコミュ力に関しては少し不安が残る。 

この1年本当にハルは頑張った。 
支援サークル活動での一泊二日のキャンプ。 
地域の子供会での旅行。 
不安だったけど、ハルにとってもプラスだと言われ俺は着いていかなかった。 

少しずつ慣れない環境に触れさせ、沢山の人達の支援の中成長していった。

211:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 00:55:08.78  ID:JjzRc+udO.net
このまま普通の小学校に入学して、学力はついていくことは可能かもしれない。 

でも、まわりと少し違うハルは友達と溶け込むこともできず、孤立していじめにあったりするんじゃないか。 
どうしてもそうマイナス思考になってしまう。 

ハルの意思を尊重するのであれば、せっかく適性のある通常の小学校に入学させるべきなんだが。

212:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 00:59:02.10  ID:JjzRc+udO.net
何より俺が一番不安だったのは、ハルの安全面だった。 

日課の散歩での出来事。 
車道に一匹のカエル。 
恐らくそばの池から移動してきたんだろう。 

急に俺の手を振り解き、道路に飛び出すハル。 
あっ、危ない! 
急ブレーキの音で一瞬血の気がひいた。

214:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:01:12.31  ID:JjzRc+udO.net
ハルから僅か2メートル先で車は急停車。 
本当に危なかった。 

ハルは車が来たことなんて気にせず、そのカエルを手でもちフラフラと池まで歩いていった。 
運転手さんに謝ってハルの元へ。 

俺「ハル危ないだろ? 
車にひかれるとこだったぞ。」

215:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:02:17.08  ID:JjzRc+udO.net
ハル「カエルさん大丈夫だよw」 
笑顔で俺を見るハル。 

俺「ハルは大丈夫かもしれなかったんだよ。 

道路に飛び出したら危険なんだからな。痛いじゃ済まないだろ?」 

ハルはキョトンとした顔で俺を見る。

216:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:03:18.43  ID:JjzRc+udO.net
ハル「カエルさんは痛くてもいいの?」 

俺「よくないよ。 
でも、ハルが死んじゃったらパパ悲しいだろ?」 

ハル「カエルさんが死んじゃってもいいの?」 

俺「パパはハルもカエルさんも死んでほしくないんだよ。」 

ハル「カエルさん死ぬのいやー」 
泣き出すハル。 

どうやらハルは、昆虫や小動物。 
小さな命は守らないといけない。 
そう思っているんだ。 
間違いではないんだけどな。 
ハルはその受け取り方が少し違ってた。

217:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:04:27.91  ID:JjzRc+udO.net
その件以来、トラウマになってしまった。 

小学校は保育園とは違う。 
四六時中先生がそばにいるわけじゃない。 
危険な場所もたくさんあるんだ。 

もしハルが通常の小学校に通うことを考えると、気が気でなくなる。 

俺の中では、特別支援学校にするべきだ。と答えが出ていた。 

必ず一人担当の先生もいる。 
送り迎えだってバスできちんとしてくれるんだ。 

そばにいれない間は、やはり安心できる場所にハルを預けたい。 
そう考えていた。

218:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:09:48.75  ID:JjzRc+udO.net
佐々木先生には自分の気持ちを正直に伝えた。 

佐々木先生「ハルちゃんはこれから成長していくにあたって、たくさん壁にぶつかると思うんです。 

それを支えるのがお父さんであって、私たちまわりにいる大人なんだと思います。」 

俺「はい」

219:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:10:49.12  ID:JjzRc+udO.net
佐々木先生「環境が変われば、誰だって不安になるもんですよ。 

それでも自立するために、みんな挑戦していくんですよねw」 
ニッコリ笑う佐々木先生。

221:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:12:40.47  ID:JjzRc+udO.net
佐々木先生「ハルちゃんにとって、今成長の過程で一番大事な時期なのかもしれませんね! 

ハルちゃんのやる気を見守ってあげるのも親の役目ですよ。」 

俺「でも、俺の知らない所でハルが傷ついたりするかもって思うと…」

222:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:17:04.72  ID:JjzRc+udO.net
佐々木先生「ハルちゃんなら頑張れる。 
そう信じてみませんか? 

生意気言ってすいませんw」 


少し気が楽になった。 
俺自身がハルは他の子達と違うって区別していた部分が大きかった。 
それは親として一番駄目なことなんだと気づいたような気がする。 
もっとハルを信じて、成長を応援していかなければいけないな。 
馬鹿みたいに悩んで本当に情けないよ。

225:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:19:02.38  ID:JjzRc+udO.net
育児サークルや発達障害の支援セミナーの人達からも、ハルにとって通常の小学校に通わすのはプラスだと後押しされ。 
小学校の校長からも、様子を見ながら支援級での学習も取り入れると言われ進学を決めることにした。 

親とは不思議なものだ。 
自分の事以上に子供の将来を考えてしまう。

226:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/29(火) 01:19:23.06 ID:6URIBQLO0.net
ハルくん‥ 
頑張れ!

227:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:20:22.71  ID:JjzRc+udO.net
そしてハルは、通常の小学校へと進学することになった。 

俺もこの時、新しい挑戦をすることにしたんだ。 

会社の社長から何度も正社員にならないかと言われてた。 

それでも保育園の迎えなどの時間や、少しでもハルとの時間を作りたかったこともあり、 
ずっと断ってきたんだ。 

会社に迷惑かかるからな。

228:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:21:26.87  ID:JjzRc+udO.net
社長「そうか? 
残念だな。一番期待してた若手だったのに。」 

俺「すんません。 
俺なりに色々考えまして、 
そろそろ自分の将来もしっかり見つけようと思います。 

本当にお世話になりました。 
社長には助けてもらってばっかりで。 
この御恩一生忘れません」 
俺はお世話になった会社を辞めることにした。 

それは自分のため、ハルのため。 
ハルは新しいことに挑戦する。それは勇気がいることだ。 
俺がいつまでもアルバイトしてるんじゃ駄目だ。 
そう思った。

230:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:23:23.67  ID:JjzRc+udO.net
社長「そうか。そうか。 

頑張れよ。 
いつでも戻ってこい。 
お前は息子同然なんだからな。」 

社長は泣いて見送ってくれた。 
本当にいい人だよ。 
本当に助けてもらった。 
家も無く路頭に迷ってる俺を拾ってくれたんだ。 

本当に子供のように可愛がってくれた。 
いろんなことを教えてくれた。 

感謝してもしきれない。

232:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:24:32.52  ID:JjzRc+udO.net
俺とハルは新しい1DKのマンションに引っ越した。 
新規一転新しい生活が始まる。 
俺はすぐ仕事が決まった。 

成長したよ。 
昔は何十回も面接を受けて、何一つ採用されなかったのにな。 

前からずっとやってみたいと思ってた仕事だ。 
堅物だけど男気のある親方のいる工務店。 
見習いから修行することになったけど、将来大工になりたいと思った。

234:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:28:37.77  ID:JjzRc+udO.net
昔から工作が好きだったんだ。 

いつか一人前になってハルのために家を建ててやりたい。 
庭にはブランコ。 
ハルの部屋には俺の作った玩具や子供用の家具。 

夢が膨らむ。 
俺は幸せな理想の親子を想像した。 

それだけで頑張れるんだ。

235:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:30:29.58  ID:JjzRc+udO.net
入学式。 
大きなランドセルに制服。 
ピカピカの一年生。 

ハル「一年生の、松井ハルでしゅ」 
家の中で何度も自己紹介の練習をするハル。 

なんだか大人になったみたいで、少し誇らしい気持ちになった。 

卒園式では佐々木先生とお別れってことで、先生のそばから1時間も離れず困らせてたのにな。 
随分泣いて大変だった。

236:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:37:59.06  ID:JjzRc+udO.net
すまん。 
大丈夫じゃなかったかもだ。

240:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:40:17.29  ID:JjzRc+udO.net
夏が過ぎ秋が過ぎた。 
色々大変だけどハルは毎日が楽しいみたいで、小学校に通わせて良かったのかもと少し安心していた。 


ハルが2年生になったある日、仕事中に学校から電話がかかってきた。

241:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/29(火) 01:40:40.56 ID:9FhBaPen0.net
おいまさか

242:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/29(火) 01:40:52.07 ID:G7UO6YZr0.net
やめろ

243:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:41:35.15  ID:JjzRc+udO.net
先生「お仕事中すいません。 
支援級の山下です。 
今日クラスのお友達が…」 

俺は仕事を早上がりし、急いで学校にむかった。 

職員室に着くなり、支援級の先生が俺に話しかけてきた。 

山下先生「お忙しい中すいません。 

今ハルちゃん、別室で担任の先生とお話中なんです。」

244:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:42:43.43  ID:JjzRc+udO.net
俺が呼び出された理由。 

体育の授業があると言うことで、休み時間にみんなで移動していたそうだ。 
その途中、階段から同じクラスの生徒を、ハルが突き飛ばしたと言うんだ。 

被害を受けた生徒の男の子は頭を打ったそうだが、大きな怪我はしていない。 
大事をとって病院に行ったらしいのだが。

245:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:43:41.21  ID:JjzRc+udO.net
まさかと思った。 
ハルが誰かに危害を加えるなんて。。。 
今までそんな事なかった。 
ハルはそんな攻撃的な性格じゃないんだ。 

俺はハルのいる別室に入った。

246:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:47:18.70  ID:JjzRc+udO.net
担任「ハル君、黙ってても先生分からないの。 

何で突き飛ばしたりなんかしたの? 
先生に教えてちょうだい。」 
きつい口調でハルに問いかける担任。 

ハルはボーっと担任の口元だけ見ている。 
無表情で。

248:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:49:07.19  ID:JjzRc+udO.net
俺「先生すんません。」 
それを見てすぐにハルの元に詰め寄った。 

担任「ハル君。 
パニックになって興奮してたんですが、 
ようやく落ち着きました。 

クラスの友達の大(ダイ)くんを階段の上から押したそうなんですが、どうしてそんなことしたのか聞いても答えてくれなくて。」

249:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:50:08.20  ID:JjzRc+udO.net
俺「押したそうなんですがって? 
先生はそばにおられなかったんですか?」 

担任「えー。体育の移動は生徒のみでしますので。」 

俺「じゃあ何でハルがやったって言うんです? 
見たわけでもないのに。」 
俺はムッとした感じで話す。

250:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:51:11.96  ID:JjzRc+udO.net
担任「他の生徒が、ハル君が押したと言ってます。 
押された本人もハル君に急に押されたと言ってました。」 

ただの決めつけだ。 
ベテラン教師だか知らないがふざけんな。 

俺「ハル? 
どうした?友達が階段から落ちたんだって? 

それ見てたか?」 
ハルに優しく問い掛けた。 

ハルは黙って首を振る。 
目には大粒の涙を浮かべていた。 
大分泣いたんだろう、頬に涙の後が残っていた。

251:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:52:25.93  ID:JjzRc+udO.net
恐かっただろう。 
ずっと質問攻めされてたのかもしれない。 
一人でよく頑張った。 
俺はハルの頭を撫でた。 

「父親が息子を信じないでどうする」 
あの日の親父の言葉が蘇る。 

俺「ハルは階段から友達を突き飛ばしたりなんかしてません。 

ハルがそんなことするわけありません。」 

俺は歯を食いしばって言った。

252:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/29(火) 01:53:02.50 ID:G7UO6YZr0.net
ハルちゃんまた濡れ衣か…

253:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:54:28.38  ID:JjzRc+udO.net
担任「でも子供達が見てたんですよ。 
それに何故ハル君は否定しないんですか? 
私に何も答えてくれないんですよ」 
担任が俺を見る目。 
それが全てを物語っている。 

俺「あんたそれでも教師か? 
あんたみたいな先生だから何も答えないんだよ。」 

大声で怒鳴った。 
今にも掴み掛かりそうだったが、 
ハルがビックリした顔をしたので、自分を落ち着かせた。

254:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 01:55:38.08  ID:JjzRc+udO.net
俺「それでどうしたいんすか?」 
冷静を装う。 

担任「あの…ちゃんと大ちゃんにも御両親にも謝って頂ければ…」 

その言葉で怒りが頂点に。 

俺「ハルには謝る理由ないでしょ。 
もっとちゃんと調べて下さい。 

万が一ハルがやったなら、俺が土下座して謝りますんで。」 
再び怒り出す俺。 

担任「万が一と言われましても…」

258:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 02:00:55.79  ID:JjzRc+udO.net
その声に心配してか、山下先生と教頭が部屋に入ってきた。 

半ば無理矢理話を遮られ、とりあえず後日話し合いの場を設けると言われた。 

悔しくて仕方なかった。 
ハルはきちんと答えられない。 
パニックになってしまって、ただその場にいるのが不安だったんだから。 

それを良いことにハルを犯人扱い。 

ハルがまわりと違うからなのか? 
ハルが自閉症だからなのか? 

そうとでも言いたいよな表情でハルを見ていた。 
俺を見ていた。 

悔しかった。 
本当に。

259:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 02:06:41.25  ID:JjzRc+udO.net
帰り道。 
手を握り、ハルの歩幅に合わせてゆっくりと歩いた。 

ハル「パパー帰ろうねw 
今日ねカメさんにエサあげたの。 

カメさん食べてくれたよw 
いっぱいいっぱい」 
無邪気なハル。 

さっきのことは忘れたのか、俺に気を使ってるのかは分からない。 
それでも悔しくて涙が出た。 
ハルのその時の気持ちを考えると、胸が締めつけられた。 
ただのリンチじゃないか。 

ハルは悪くない。 
ハルは嘘をつかない。 
そんな子じゃないんだ。 
悪い事とか、いけない事の区別がまだ分からないかもしれない。 
それでも俺はハルを信じる。 
先生にあんな事言ったけど後悔なんてしてないんだ。 


あの時の親父の気持ちが今はすごく分かるような気がする。 

そして3日後。 
緊急で保護者会が開かれることになった。

260:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/07/29(火) 02:08:05.95  ID:JjzRc+udO.net
そろそろ寝ます。 
続きはまた

261:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/29(火) 02:08:20.77 ID:G7UO6YZr0.net
おつかれ! 
待ってるよ

262:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/29(火) 02:10:01.61 ID:207OpeCo0.net
お疲れー!おやすみ!

264:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/29(火) 02:14:55.54 ID:quHiFLqX0.net
お休み!

290:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/29(火) 19:29:31.00 ID:n/4eNZJ5i.net
設定がスカスカすぎるわ 
知識が無いなら、自閉症ネタなんか書くなクズ野郎

291:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/29(火) 21:09:55.50 ID:oE7+fug1i.net
>>290 
安心しなよ。お前の脳みその方がスカスカだから。

295:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/29(火) 21:32:10.01 ID:iSSge8iK0.net
もちつけお前ら

301:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/29(火) 22:53:15.07 ID:MlMEMm4y0.net
気にしないで>>1は続き書いていいぞ

302:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/30(水) 00:29:53.34 ID:Fb8PiNu/0.net
>>301 
全くその通り

354:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/30(水) 22:10:37.78 ID:XO9TQqSNO.net
1だけど今年は節目の年なんだ。 
嫌な気分で過ごしたくないのでもう書かないよ 

後は勝手にスレ使ってくれ

356:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/30(水) 22:12:29.42 ID:XO9TQqSNO.net
あっすまん 
俺がたてたんじゃないけど 
読んでくれた人どうもありがとう

370:クズ@\(^o^)/2014/07/30(水) 23:01:48.94 ID:XO9TQqSNO.net
本当に1です。 
俺の人生のあったことを書いてここまで否定されるとは思わなかった。 

もう続きは書かないよ。本当に。 
6月に籍入れたばかりなんだ。 
その節目に書いてみたんだよ。 
息子の自閉症に関しても、設定だと言うのはいいが否定される覚えはない。 
あまり深く書きたくなかっただけ。 
息子は4年前に亡くなったんだ。こんな気持ちになるなら書くんじゃなかったよ

499:クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/2014/08/01(金) 02:23:34.02 ID:lJl428nMO.net
とりあえずなりすましじゃないとだけ 

まあ気ー悪くする人ばかりだろうからここまでにしとくよ

371:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/30(水) 23:04:08.70 ID:2SFLRaaF0.net
>>370 
少しながら応援してる人もいるってこと 
忘れないでくれよ

373:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/30(水) 23:06:04.06 ID:K/gv78Bg0.net
>>370 
楽しみにしてたんだがな…。叩く奴は無視して欲しいところだが>>1が我慢してまで書く必要はない。続き読めないのは残念だけどここまで書いてくれてありがとう、読めて良かった。

406:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/31(木) 01:01:00.39 ID:8kOzqycf0.net
>>370 
残念だ 
とても残念だ。 
ハル君のご冥福をお祈りします。

PickUp!