最新記事
最新コメント

最低・非常識

【後編】嫁「ボランティアって素晴らしい事よねw」俺「ほどほどにしろよ...」→家事が疎かになった嫁が...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
話ししてきた。なかなか親身になってくれる人だった。
明日(会社休めとまで言われなかったけど)やってほしい事があるっていろいろ指示も受けた。通帳や嫁のボランティア日誌みせたりして話したけど
「形だけでなく慰謝料を実際とれるように動きましょう」と
はっぱかけられたよ。
今から帰宅します。ここでいろいろ聞いてよかった!
ありがとう!

続きを読む

【GJ】旦那「料理も掃除もヘタなおかんにへたに手出しされるよりは仕事でもしてくれてた方がいいよ」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
535: 名無しさん@HOME 2012/09/18 07:31:38
うちのトメも似たような人なので投下。

孫の世話してやる、金銭的なことは産めばなんとかなるからもっと孫梅と私に言ってくるトメ。
旦那に言っても「はぁ?」とスルーされるので基本旦那には言わない。

続きを読む

従妹「お武家さんだったんですか。うちの血筋は三百年遡ってもずっと農家なんです~」トメ「三百年?」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
575: 名無しさん@HOME 2012/10/01 19:33:21
長文失礼します
敷地内別居トメと旦那は離婚したウトがお医者様であることと、先祖が武士であるというのがご自慢
なにかにつけ、こちらの出自(農家)を持ち出してはpgrしてくる
トメの語尾は「農家だからね」かと思うくらいに言ってくる
最初は同居だったんだけど、次男夫婦が結婚するから出て行けと言われた

続きを読む

ウト「まったくどうにもならん女だな」私「馬鹿な息子さんと結婚するような女ですから、仕方ないですね」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
842: 名無しさん@HOME 2007/01/02(火) 14:55:10
ウトは行くといつもテレビの前でゴロゴロ。
起き上がるのはベランダに煙草を吸いに行く時だけ。
二ヶ月に一度くらいしか行かないので、息子(一歳)は人見知りで大泣き。
昨日もいつもと同じでウトはダラダラしながらテレビを見ていて、
トメが息子を抱こうとしたら、息子は私に泣いてしがみついてきた。

続きを読む

フリンして追い出されたコトメが、憂さ晴らし兼サイフ代わりに我が家を標的にした…

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
135: 名無しさん@HOME 2012/04/02 21:52:09
3人の息子達が昨日ついにやってくれたよ。

まず前提として、我が家は中古の一軒家。
そこまで古くはないのだが色々とおかしい。
2部屋ある子供部屋は元々1部屋だったようで、明らかに日曜大工と
解るベニヤ板で中央が仕切られ、無理やり2部屋にされていた。

続きを読む

コトメは結婚しても義実家に入り浸り、ウトメに育児を丸投げしてた結果…

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
401: 名無しさん@HOME 2012/05/22 16:33:36
コトメは結婚しても義実家に入り浸り。
トメはコトメ親子に甘く、自分からあれこれ世話してあげているが、
夫が甘やかし過ぎだと責めると、
「コトメちゃんは家の事を色々とやってくれるから、私も助かってるの!」
と、嘘の良い訳をしていたらしい。

続きを読む

嫁「なんでもするからお願い!」俺「じゃあ離婚して」嫁「...」→嫁のフリンが発覚した結果...【3/3】

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
GR 乙

>思いの外たくさんの意見を貰えて、そのどれもが見事に自分の考えと違っていて、
>一番驚いたのは元嫁を擁護する意見が無かったことでした

もし可能なら、同窓会スレでもいいのでここんとこkwskしたいんだが
GRは、自分が我慢すればいいと思ってたってこと?


続きを読む

ウト「嫁子さんのおばあさんが氏ぬ必要ないよ、トメが氏ねばもっとうちに金が入るんだから」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
492: 名無しさん@HOME 2014/01/21 08:14:38
昔婚約しかけた元彼家族との話だが投下
結婚の話をするために元彼の実家にご挨拶に行ったのだが元彼の母(以下トメ)は
名門の長女だかでウトは入り婿。なのでトメに意見できる人は誰一人いない様子だった。
トメは元彼にはどこぞのお嬢様だかと結婚してほしかったのにどうして私のような貧乏人を
連れてきたのか、私はこの家にはふさわしくない!と終始狂ったように怒っていた。

続きを読む