最新記事
最新コメント

あほ

義弟嫁「おねえさん、子どもっていたほうがいいんですか~?」私「自己責任で考えろ」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
712: 名無しさん@HOME 2013/12/27(金) 01:26:45.43 0
義弟嫁、甘ったれでウザイ。
甘えることが可愛いことだと勘違いしている。
「おねえさん、子どもっていたほうがいいんですか~?」
ばっかり聞いてくるから
「自己責任で考えろ」
「いたほうがいいか、いないほうがいいか、どちらか選べといったら、いないほうがいい
 いないほうがいいことが解った上で、それでも欲しいと思うのなら
 自己責任で、責任がとれる人数だけ産めばいい。」
とだけ言ったら、泣き崩れた。

続きを読む

【スカッと】トメ「嫁の代わりはいても、母の代わりはいないからね」私「そうですよね〜」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
958: 名無しさん@HOME 2008/11/11(火) 13:00:50 0
トメが遠い目をして息子(夫)をいかに大事に育てたか、と語りだし
「嫁の代わりはいても、母の代わりはいないからね」って勝ち誇ったように言いだした。
「そうですよね、夫の代わりはいても子供の代わりはいないですね」
って言ったら、真っ赤な顔して

続きを読む

コトメ「嫁ちゃんウワキしてる!待ち受けウワキ相手でしょ!」トメ「ウワキして離婚された自分と一緒にするな」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
574: 名無しさん@HOME 2014/06/29(日) 13:02:50.94 0
義実家同居。ウトメと夫は良。
コトメが離婚されて一時的に同居してる。
さっき、コトメが嬉しそうに
「嫁ちゃん外人とウワキしてる!待ち受けウワキ相手でしょ!」
って私のスマホ持ってきた。

続きを読む

夫「泊まる部屋が無いからホテル用意する」トメ「嫁子が孫ちゃんの部屋に寝たらいいじゃない」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
464: 名無しさん@HOME 2009/02/13(金) 09:01:13 0
トメが遠距離の家(賃貸貧乏マンション)に泊まりに来ると言い出した。
一部屋は夫婦の寝室、もう2部屋は子供部屋、後はLD。
夫が「泊まる部屋が無いからホテル用意する」と言っても
「イヤンイヤン嫁子が孫ちゃんの部屋に寝てアテクシ達は夫婦の部屋に寝ましょーよ~」としつこい。

続きを読む

トメ「アタシ正直、嫁子のこと好きじゃないのよねえ〜」私「お互い様ですからお気になさらず~」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
919: 名無しさん@HOME 2013/02/19(火) 16:46:04.00 0
トメに
「アタシ正直、嫁子のこと好きじゃないのよねえ(ニヤニヤ)」
と言われたので
「そんなお義母様、わざわざ言わなくてもお互い様ですからお気になさらず~」
って言ったら泣いちゃった。

続きを読む

トメ「従兄弟同士なのに片方だけ私立に行くなんて可哀想!2人で公立に行きなさい!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
388: 名無しさん@HOME 2007/11/28(水) 18:51:30 O
うちの息子が小6の頃の話。
息子とコトメコが同い年で息子が私立中学に受かってコトメコは公立に進むことになった。

トメ「従兄弟同士なのに片方が私立に行くなんてコトメコが可哀想!
2人で公立に行きなさい!私立なんて行かせてもお金の無駄無駄!!」

続きを読む

私「私の贅肉いくらでもあげるよ〜」ママ友と雑談してたらセコケチがやってきて…

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
505: 名無しの心子知らず 2009/02/25(水) 14:02:18 ID:i3SQL6Ia
幼稚園で顔見知りのママと
「・・・・、あたちゃって~」
「・・・・・、貰ってきて・・・」
「・・・・・、いくらでもあげるよwww持っていって・・・・」
とかって会話してたら、見知らぬママが

続きを読む

キチ「この女がそこの本屋で万引きをした。私は見た!」私「今から中身見せたるわ!無かったらどうすんねん!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
277: 1/2 2010/11/26(金) 14:54:43 ID:5tOxT8/P
昨日おきた泥ママ話。

昨日のお昼前に子供と二人で近所のSCに買い物に行った。
本屋に用事があったので、SC内の本屋で買い物をし、
レジ前にあったニッセンのカタログを手に取りマイバッグに
入れながら本屋を出て少し歩き出したところで、いきなり腕を掴まれた。

続きを読む