最新記事
最新コメント

トメ

【GJ】トメ「夫の親や祖母をを敬うこと。義母さんからも言ってあげて下さい」大トメ「ん、このように〜」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
911: 名無しさん@HOME 2013/09/20 14:57:38
結婚してから初めて義実家に行った時、トメが
「これからはoo家の嫁として恥ずかしくないように振舞ってね。oo家の料理の味や
洗濯の仕方は私がみっちり仕込んであげますからね。まず第一に、夫の親や祖母を
を敬うこと。さ、義母さんからも言ってあげて下さい(キリッ」
と話を振られた大トメが

続きを読む

トメ「最近、ぽっくり氏ねるようにお参りしてるのよ」妹「早くご利益があるといいですね!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
947: 名無しさん@HOME 2013/10/08 18:03:57
人がいないようなので簡単にまとめます。

私の妹が遊びにきたとき、「喋ってないと呼吸出来ない」でおなじみのトメが
ニコニコ話を聞いてくれる妹をターゲットにマシンガントーク。

続きを読む

トメが友達連れて凸して、嫁いびり始めると → トメ友A「なに言ってんの?もう頭おかしくなったの?」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
116: 名無しさん@HOME 2013/11/12 10:47:47
寒くなったので思い出した過去の嫁いびり。
当時、義実家近くに住んでいた。
冬のある日、いつものように「嫁の躾け」にやって来たトメ。
その日は、トメ友を二人も引き連れてやって来た。

続きを読む

ウト「嫁子さんのおばあさんが氏ぬ必要ないよ、トメが氏ねばもっとうちに金が入るんだから」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
492: 名無しさん@HOME 2014/01/21 08:14:38
昔婚約しかけた元彼家族との話だが投下
結婚の話をするために元彼の実家にご挨拶に行ったのだが元彼の母(以下トメ)は
名門の長女だかでウトは入り婿。なのでトメに意見できる人は誰一人いない様子だった。
トメは元彼にはどこぞのお嬢様だかと結婚してほしかったのにどうして私のような貧乏人を
連れてきたのか、私はこの家にはふさわしくない!と終始狂ったように怒っていた。

続きを読む

【修羅場】出産の時ウトメコトメが入ってきて「入るなあああ帰れえええええ」と絶叫!

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
786: 1/2 2011/12/19(月) 19:39:43.96 0
もうすぐ娘の誕生日なので思い出した私がやったんだけど、
私自身には記憶が殆どないDQN返し

結婚して丁度1年くらいたった頃、妊娠が発覚した。
義実家とはスープが冷める程度の近距離別居だったけど、
それまでは程良い距離をおいてのお付き合いだったのが、
そこから義実家、特にトメコトメの過干渉が始まった。

続きを読む

【GJ】コトメ子「お祖母ちゃんって、なんでそんなに根性が曲がってるん?何か文句言わんと気がすまんの?」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
890: 名無しさん@HOME 2012/03/04 15:24:46
とにかく嫌味を言い続けないと気が済まないトメ。
ウトもコトメちゃんも夫も善人なのに。
今日も朝食の卵料理の事を、ついさっきまでネチネチ言い続けていた。
うんざりした、11歳のコトメコちゃんに
「お祖母ちゃんって、なんでそんなに根性が曲がってるん?
 自分が人の悪ロ言ってる時の顔見た事あるか?
 美味しい物食べてる時の顔やで、いやらしいわー。

続きを読む

義弟嫁「食べ物を押しつけてニタニタしながら感想聞いたりするときの顔、いかにもクソトメですよ」トメ「…」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
931: 名無しさん@HOME 2012/07/12 14:49:19
思い出したのでカキコ。
うちのトメも「ちょっと日にち過ぎてるけどモノはいいのよ」って賞味期限が昭和なモノを平気で断っても押しつけてくるクソトメだった。
用事があってクソトメの家に行く度に

続きを読む

「嫁の実家より金がある」ことが唯一の自慢だったウトメだったが、父が遺産を相続したことを報告すると…

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
15: 名無しさん@HOME 2012/07/18 10:47:27
結婚後何かと金銭援助をしたがる近距離別居ウトメ。
私はお金を援助されるのもロを出されるのも嫌なので援助を受けたくないんだけど、旦那兄弟が貰えるものは貰っとけ派。

続きを読む