最新記事
最新コメント

喪女

コトメの結婚式にて → 私「義実家では嫁は奴隷だという常識があるのでこき使ってください」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
386: 名無しさん@HOME 2009/06/04(木) 23:00:24 0
仏壇の話中だけど、DQ返ししてたことが判明したので書く。
私は現在バツイチ。
元義実家は変な家庭で、嫁は家族の奴隷ってはっきり言われた。
でも自分、恥ずかしながら喪女で、元夫が初めての彼氏。
離婚したらもう二度と結婚してくれる人なんかいないと思ってたから、
別居する日までの我慢だと思って耐えていた。

続きを読む

イケメン「なにしてんの〜」私「たこ焼きの食べ比べ」→ イケメンに勝手にたこ焼き取られたんだが…

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
442: 名無しさん@HOME 2012/01/06(金) 20:10:40.51 0
修学旅行ですることもないから、たこ焼きの食べ比べをしていた
そしたら男友達のA(かなりイケメン)が「なにしてんだ~」と隣に座ったので
「せっかく大阪にきたからたこ焼きの食べ比べしてる」と答えると
どれが美味いのか訊いてきたので

続きを読む

父「お前みたいなのは娘とは思えない!」→ 寝てたら髪の毛をつかまれながら家を追い出された…

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
545: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/13(金) 15:25:24.44 ID:PKrriL2q
ある日親が豹変した話。
私のスペックは26歳喪女。
実家で同居してた。

今まで彼氏いなかったし、わざわざ作る気もなかったから、親としては気にしてるのかな?程度にその時は考えてた。
ある日寝てたら父親に布団から引っ張り出されて、髪の毛をつかまれながら家を追い出された。

続きを読む

深夜3時にメールが来て返信しなかった結果 → A子「なんで返事くれないの!?B子は私のことが嫌いなんだ!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
596: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/29(火) 13:58:28.15 ID:h5ItNhmW
高校時代に女/子の間であった修羅場っぽい話。
転載禁止で。フェイクも入れていきます。まとめるの下手くそなので長くなります。

まず登場人物
私…低スペック喪女
A子…小動物っぽい。今回の修羅場の根元。

続きを読む

私がプレゼントしたチーズケーキを食べるかーちゃん → 私「(喪娘の罠にハマるかーちゃんザマァ)」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
141: 彼氏いない歴774年 2011/05/23(月) 04:59:51.53 ID:T1yDLlxb
臨時収入があったんだ(`・ω・´)
普段苦労かけてる両親に悪事をしたくなったんだぜ
前スレで高いチーズケーキを買った喪嬢を思い出して
「日本一高いチーズケーキ」でググってみたら…あった

続きを読む

低学歴で何の取り柄もないドブスが、学歴があって人望に満ち才能もある人から告白された

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
10: 彼氏いない歴774年 2011/04/26(火) 01:15:57.47 ID:LCpK/l2k
ずっと好きだった人からまさかの告白をされたんだぜ(`・ω・´)*
これでやっと私も夢にまで見た脱喪、そう思ったのもほんの一瞬
そいつをふってやったんだぜ(`・ω・´)*

続きを読む

彼氏「いやー、俺の彼女は手もきれいだと思ってさ」彼女「何言ってんのばかじゃないの」 彼氏「手首…も…」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
84: 彼氏いない歴774年 2011/05/04(水) 17:55:45.10 ID:/aLLRkp3
先日久々に電車に乗って都会に出たんだぜ
地元でジジババ相手にしか交流してないせいで
どんどん都会のオシャレとか縁遠いんだぜ

ところで私は指に毛が生えてるんだぜ!

続きを読む

女「今年は誰かと花見行った?彼女とか…(ドキドキ)]」男性「ええ。嫁に無理矢理連れていかれましたよ」女「…(絶句)」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
683: 彼氏いない歴774年 2013/04/09(火) 08:12:25.71 ID:d1SCVUqH
ああなんか自分見てるみたいだった…
リーマンと同僚?の喪女って感じの二人組
二人とも30歳より前くらい
女「男さんって、おうちどこなんですか」
男「o駅から3分くらいですかね」
女「いいな~駅ちかく」

続きを読む