最新記事
最新コメント

父「俺に不味いもの食べさせやがってーふじこふじこ!!」理不尽な理由でブチギレてDVの父…

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
265: 名無しさん@HOME 2012/03/07(水) 04:58:20.34 0
すごく気になる流れをぶった切って悪いけど投下。

父は私が物心ついた時からすごく癇癪持ちで突然ブチギレるDV男だった。
以前は母方の祖母と同居しており、酷い事態にはならなかったようだが、
数年後にマイホームを建ててからは母方の祖母とは別居。

続きを読む

妹と父親が喧嘩 → ガラスの割れる音がしてパニックになった結果…

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
560: 1/3 2012/02/11(土) 03:15:00.92 O
流れ読まずにまとめ読んでたら思い出したので携帯からだけど投下

うちの両親は若気の至りで私を身籠って結婚したいわゆるデキ婚
で、父親は40代になった今でも悪い意味で子どもっぽい
気分屋で強いものには巻かれろ的で弱いものには徹底的に下に見るといった感じ
物心つく頃から何を話してもつまらない事や、成長するにつれて
機嫌が悪いと当たられる事に気付いて何となく父親とは距離を置いていた
ここまで前題

続きます

続きを読む

制服のスカートを嫌がって、泣き喚いてたら → 母「もう限界!」家を追い出された…

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
748: 名無しさん@HOME 2012/03/02(金) 01:03:32.14 0
もう何十年も前の話だけど、最近ようやく母とこの話ができたのでカキコ。 
子どもの頃、父は仕事で何日も家で眠れなかったり、帰って来てもすぐ呼び出されて出ていく 
ような忙しさ、自分は年の離れた末っ子長女で、兄が母親にべったりだったせいか、 
一人で遊んで自分勝手で、家を勝手に出て行き、派手な迷子(家を脱走し、 
5キロ・10キロ先の交番とかで保護されてる)に何度もなる子どもだった。

続きを読む

ウトメ「せっかく孫が生まれたかと思ったら女か!養子に出せ!」→ 旦那が納屋からナタを持ってきて…

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
36: 名無しさん@HOME 2009/09/29(火) 20:46:32 O
ある夫婦の話し。
とある地方の農家長女と結婚し婿入りした男性。
えばり散らす嫁両親にも惚れた女の親だからとイビリや嫌みにも耐えてきた。
しばらくして夫婦にも子供が出来たが生憎女の子。

続きを読む

私が父の子じゃないと判明して父は激昂、私を殴って失神させた → 父「母は好きで結婚した女性だから殴れないけど…」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
397: おさかなくわえた名無しさん 2013/04/28(日) 00:10:02.78 ID:/Iped/4o
父が父方祖父に勘当された。
勘当といっても実際は相続から外されただけ。
理由は、私が父の胤ではなかったから。
結婚してすぐ、疑惑はずっとあったらしい。
それもあってか、私はずっと父に嫌われてたが、
父母の仲は良かった。
疑惑が判明するきっかけは、私の実父Aさんが訪ねてきたから。

続きを読む

【修羅場】両親離婚直後に父親に呼び出された結果、母がラジオで殴られた…

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
982: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/06(木) 21:35:01.07 ID:jbQfY3GK
今でも良く覚えている20年近く昔の話。
風邪で夢見が悪く、思い出してしまったので吐き出させてくれ。スマソ
あとぐだぐだする。スマヌスマヌ

うちの両親は私が二歳の時に離婚。離婚理由は親父がDVでパチンカスサイマーのプータローだから。
母は親父が母名義で勝手に作った借金300万弱を抱えるなか、私と兄を育ててくれた肝っ玉母ちゃん。

続きを読む

父「今日からこの人をお母ちゃんって呼びな」私「なんで?」父「ま、急には無理だろうけど、今日からお前のお母ちゃんだ」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
573: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/24(水) 00:26:21.70 ID:WX/ZR3l6
たぶん4歳か5歳ぐらいの時だったと思う。
まだ小学校に行ってなかったから。
突然父に「今日からこの人をお母ちゃんって呼びな」って言われた。
母は家にちゃんといるのに、父に急に知らないアパートに連れて行かれて
知らない女の人がニコニコしてて、その女の人の肩に手をまわして
デレデレの父がそう言ったんだ。

続きを読む

両親「水ー!!火事ー!!その毛布貸して!」私「これお気に入りだから嫌!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
322: 1/2 2013/08/31(土) 12:54:41.02 ID:cX8kpmuU
小学5年生のある朝、半分寝ぼけた状態で起きたわたし。なぜか毛布を引きずりながら台所のドアを開けた。
が、その台所は炎の柱が立ち上ってて、その炎のまわりで両親が「水ー!!火事ー!!」と大騒ぎしてた。

続きを読む